FC2ブログ

美を意識して


昨日は旧暦での未年の元旦
「未」は「味」につながり
人間味を深める年だそう。
「羊」は「美」につながる。

人間味を深め
美しく生きるために
何ができるのか

整理整頓をして
不必要なものは処分
掃除をして
身の回りを美しくする。

顔の作りは変えられなくとも
笑顔でいれば美しい。
体型は変えられなくとも
背筋がピンと伸びていれば
美しい。

人の悪口、不平不満を口にせず
耳に美しい言葉を発する。

自分の周りにある自然から
美しさを学ぶ。

優しい、あたたかい気持ちで
人を思いやり
その場の空気を美しくする。

美に対する感性を養うため
美術館、音楽会等
本物に触れる。

ひとつひとつ
丁寧にこなすことは
美しさにつながる。

むずかしいけれど
美を意識して
日々過ごしていければと
思います。



「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら



ライフ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/05 16:57

学び続ける


昨日のニュースで知った
熊本の介護施設「おとなの学校」
時間割が作られ
いろいろな授業が
行われている。
老人たちが
生き生きと授業を受け
先生役の介護士さんたちも
生き生きとしていた。
素晴らしい取り組み

どんなに年をとっても
学びたい
向上していきたい
という願望が
誰にでもあるのだろう

知らないこと
できないこと
それをひとつひとつ
クリアしていくことで
達成感も生まれ
自信も生まれる。

心理学者マズローの唱えた
人間の欲求5段階説
順番により高い次元の欲求が
生まれてくるというもの
1.生理的欲求
2.安全欲求
3.社会的欲求
4.尊厳欲求

そして
5.自己実現欲求
自分の能力を高めて
創造的活動をしたいという欲求

きっと死ぬまで
自分を高めて
いこうとするのが
人間なのかもしれない。

学ぶこと
いわゆる
国語や算数や社会
教養と
いったことだけではなく

自然から学び
人から学び
できごとから学ぶ
素直な感性を
大事にしたいものです。


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら




ライフ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/11/26 14:12

一歩踏み出す勇気


新しいことを始めようとするとき
自分の知らないこと
やったことのないことに
チャレンジするとき
体も心も委縮してしまいがち

うまくいくだろうかとか
失敗したらどうしようとか
いやな思いをするのではないかとか
あれやこれや
考えてしまうもの

でも
勇気をもって
一歩踏み出してみると
違う世界が見えてくる

今まで見えなかったもの
気づかなかったものに
出会えたりする

たとえ
うまくいかなくても
失敗しても
必ず新しい発見を
得られるはず

勇気をもって一歩を踏み出し
少しずつでも
自分にとって新しいことに
チャレンジしていけたら
きっと新しい自分に
脱皮していくことが
できるのでしょうね。


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら



ライフ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/11/13 14:15

近くの目標をまずクリア


人は誰しも
こうなりたい、こうありたいという
夢、願望、理想があるのだと思う。

それに向かって努力をしていくことで
成長していく。

努力をしていっても
思い通りになることは
ほとんどなく
挫折や失敗の連続
いくらやってもうまくいかない
やっていることが何のかいもなく
思われることだってある。

大きな夢、高い目標を設けること
それはとても大切なこと

でもその遠い目標だけ見てしまうと
やることがわからなくなってしまう。

見えるゴールを
その都度設定して
クリアしていく。
達成感を味わうことで
モチベーションはあがっていく。

そうしていけば
遠くて見えないゴールにも
確実に近づいていますよね。


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら



ライフ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/20 16:36

なさけないと思う心

自分がなさけない
と思うこと
きっと誰でもあるのでは

誰かの期待に応えられなかった
自分がなさけない

もっとやれると思っていた
自分の期待に応えられなかった
自分がなさけない

他の誰かと比べて
劣っているように感じてしまって
自分がなさけない

なさけないと
思ってしまう
弱いこころがあっても
良いのでは

なさけない
そう思ったら
今何をすればよいか
今何ができるか
考えて
ひとつひとつ
実行する

完璧な人はいないのだから
少しずつ少しずつ
成長していければ
良いですよね


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら



ライフ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/19 15:35
 | HOME | Next »