FC2ブログ

ナチュラルメッセージ -138-


少しの 切り替えで


こころにも 晴れ間が



138 カネオヘシャワー20120622


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら


ナチュラルメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/22 15:03

ナチュラルメッセージ -137-


どんな 状況にあっても


きっと 輝ける



136 カージナルス20120621


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら


ナチュラルメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/21 14:16

より具体的に話す


阿川佐和子さんの「聞く力」という本の中に
これは役に立ちそう、というフレーズがあった。

英語で何を言っているのかわからないときに
「Please be more specific.」
(具体的に言うと?)
と返すのだそう。

より詳しく話をしてくれるだろうから
わかりやすくなるだろうし
ただ単に、もう一度言ってください
というよりは、相手に与える印象も違う。

話されている英語がわからないときに
自分の英語力がないせいだとつい思ってしまう。
でも考えてみれば、日本語であっても
何を言っているのかよくわからない
というケースは多々ある。

話をしている本人は、自分の言っていることは
きちんと相手に伝わっているような錯覚にとらわれるが
そうでないことが一般的である。

何かを説明するときに、より具体的に話をすることにより
相手にはよりわかりやすく伝わるのだろう。

コミュニケーションは、やはりむずかしい。
だからこそ、
何とか伝えよう、わかろうとする努力はしていきたいもの。


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら



コミュニケーション | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/20 16:39

ナチュラルメッセージ -136-


古い 考え


新陳代謝 させてますか



136 杉の葉20120611


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら


ナチュラルメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/11 10:44

ナチュラルメッセージ -135-


まわりに 振り回されない


自分の軸 持ちたいもの 




135 つつじ20120608


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら


ナチュラルメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/08 17:48

ナチュラルメッセージ -134-


言い訳 しそうになったら


飲み込みましょ




134 ぼけ20120607

「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら


ナチュラルメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/07 16:22

思いを伝えること


5月からスピーチレッスンが始まった。

受講生6名のこじんまりレッスン
毎回与えられたテーマのスピーチをそれぞれ発表するのだが
個性にあふれて、本当にそれぞれが素晴らしい。
もちろん改善点はたくさんあり、それを良い方向にもっていくための
レッスンなのだが。

人は皆それぞれに違うというのはわかりきっていることなのだが
本当に毎回それをひしひしと実感することができる。
同じテーマなのに、こうも違うスピーチになるものかと。

不思議なことに、皆さん自分のスピーチには
とても辛口な評価で、さんざんだったというコメント。
自分はだめだ~
ひどいスピーチだ~
と思ってしまう。
でも他の人から見ると、そんなことは全くない。
もっと自信を持っていいはず。

先生からのコメントに
あがるのは、自分自身に注意が向いているからで
聞いている人たちにもっと注意を向ければよい
とあった。

自分はうまくできているだろうか?
自分はどう見えているだろうか?
などと思うのではなく

皆は自分の話を理解してくれているだろうか?
皆にどうやったら伝わるだろうか?
聞く人に注意を払ってあげればよいとのこと。

ついつい自意識過剰になってしまうのが常なのだが
スピーチは本来、何か伝えたいことを届けるというもの
自分勝手に言葉を並べてもしょうがない
聞き手に思いが伝わらないと意味がない。

それぞれが持っている個性をいかして
自分の思いをきちんと伝えられるようになりたいもの。


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら





コミュニケーション | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/05 10:53

ナチュラルメッセージ -133-


今日という日は


いつも 新しい




133 妙高白樺と空20120531


「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら


ナチュラルメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/01 16:06
 | HOME |