FC2ブログ

伝えあうことの難しさ


日本語は母国語
日本人同士、日本語で話しているにもかかわらず
自分が伝えたいことを言葉にしたときに
相手には違った解釈で伝わることがある。
返ってきた言葉で気がつき、そういうことではなくて
と言いなおすことが、ときどきある。
伝わっていると思っていても、相手に伝わっているとは限らない。
理解していると思っていても、理解できていないのかもしれない。
コミュニケーションって本当にむずかしいと思う。

ましてや外国語となるとさらにむずかしい。

異なった価値観、前提、生まれ育った環境、世代の相違、等々
ひとりひとりが全く異なったものを持っている。
それを忘れてしまって、自分目線だけになってしまうとすれ違いが
生じてしまうのは当たり前のことなのかもしれない。

自分の言いたいことをきちんと相手に理解してもらう
そして相手の言っていることをきちんと理解する
人と人がわかりあえるためには
まずはコミュニケーションをしていくしかない。
言葉にして伝えなければ思いは伝わらない。
わかってもらおうとする努力
わかろうとする努力
すべての他人は自分とは全く違う価値観や思いを持っている
そういう前提を忘れずにいるのは大事なのではないでしょうか。

おはよう、ありがとう、お疲れさま
こころをこめて言ったら
きっと暖かい思いは伝わるのでしょうね。

はっぴいきゃりあ研究所」はこちら
コミュニケーション | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/09 13:58
コメント

管理者のみに表示