FC2ブログ

笑いの効用


映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」を観た。

「笑い」が眠っている遺伝子をオンにする。
「笑い」だけでなく、「愛」、「感動」といったポジティブな感情も
眠っている遺伝子をオンにするという話があった。

こころの働きが遺伝子に影響を与え、
体に影響を与えるというもの。

笑うこと
それは自分もここちよいし、周りもここちよい
笑顔を向けられていやな感情を持つ人は
いないはず。

何かいやな気分になっているとき、
ふてくされた顔をしていたら
どんどん気持ちも落ち込む。
でも、あえて笑い顔を作ったら
気分が変わるかな。

藤本佳則という新人のプロゴルファーが
メジャーの試合で優勝したとき、
良いときも、悪いときも
笑いながら、歯を見せながら
プレイすることを心掛けたとか。

映画の中で、こころで笑っていなくても
笑顔を作るだけで、脳が誤解をすると言っていた。

心から笑ったかなあ?
何かに感動したかなあ?
愛を与えたかなあ?

自分に問いかけたい。



「はっぴいきゃりあ研究所」はこちら



メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/23 11:20
コメント

管理者のみに表示